ヘルニアになりました

 こんにちは。早速、Twitterの方反応ありがとうございます。これから、徐々にいろんなことをやっていけたらいいなと思います。とりあえず日記更新後、更新情報をツイートするという感じですね。あとは、キャラ語りには書けない裏話や、こだわりなんてものをちょいちょいツイートできたらと思います。

 さて、タイトルの話へと参ります。そうです。私、ヘルニアになりました(泣)

 気づいたキッカケは、少し前から仕事してても、家で休んでても、左太ももの裏側がちょっと痛かったんですよ。最初は、筋肉痛かな?と思って、マッサージしながら誤魔化していたんですが、金曜の仕事後から痛みがちょっと増しまして、「こりゃなんかあるぞ」と思い、土曜に整形外科にかけこんだわけです。
 レントゲンでは大きな異常は見られず、片側だけに出ていることから、おそらく神経系の痛みであろうとだけ言われました。その際、MRIどうする?と言われて、一応その場は保留にして、痛み止めだけもらって帰りました。
 で、仕事はできれば二週間休んでほしいと医者には言われたんですが、さすがにそこまで休めないよ!!と思い、月曜に職場に相談。一週間様子見でお休みをいただきまして、その際やはり気になったのでMRIも予約しました。
 MRIを撮ってもらった結果、軽度のヘルニアであると判明したわけです。ただ、軽度なので自然治癒も可能だそうです。ヘルニアってめっちゃ重症なイメージがあったんですが、手術までいくケースは実はあまりないそうですね。
 とりあえず、来週から仕事に復することになりました。ただ、マメに整形外科に通って悪化させないように気を付けます。油断すると、再発しそうな気がするので。姿勢にも気を付けて、仕事も家事も休みつつやりたいと思います。

 皆さんも気を付けてくださいね。案外、ヘルニアってなる人多いみたいです。
 あと、腰痛は整骨院などで誤魔化したりせずに、可能ならば整形外科に行くことをオススメします。費用も、両方行った私個人の感想としては、あまり変わらない印象ですし。問題は時間帯ですが。

 とりあえず、パソコンも負荷をかけるみたいなので、書いては横になり、書いては横になりを繰り返してます(笑) 一番腰に負担をかけないのは、仰向けか横向きらしいです(うつ伏せは、却って負荷をかけるみたいです)
 まぁ、パソコンつけるだけが執筆じゃないですからね。

 さて、三話分の裏話へと参ります。
91.一番に願うことは
92.あなたには決して届かない
93.罪と罰

 終盤戦最初の山場。キャラ語りでも書いてますが、龍一郎ホントすまん……。 結香も、ホント辛い思いばかりさせてしまいましたね……。

 結香視点の話を書いているときに、私も気づいたのですが、龍一郎は一度も逃げようとはしませんでしたね。プロットで決まっているだろうと言われればそれまでですが……。けれど、おそらく最初から殺されると分かっていても、龍一郎は最後まで逃げてなかったのではないかなと思います。
 太一とくっついた時点で気持ちを捨ててしまえば、こうはならなかったのかな。でも、それもまた龍一郎らしくないような気がします。自然と昇華されるまで、ずっと好きでい続けたと思います。もしかしたら、卒業まで想いを抱いていたのかもしれませんね。ホント、純粋に好きだったんだろうな……。
 恋愛は理屈ではないなと、こうして書いている今、強く思います。

 そして結香。この子は、太一が殺された時点から、どんどん精神的に崩壊していくさまが、書いてて苦しかったです。苦しかったんですが、行動はまったくブレなかったので、書きやすい子ではありました。龍一郎を殺してしまう場面でも。
 愛は人を狂わせる。誠吾との遭遇話でそう書きましたが、確かにそうだなと思わせられる子でしたね。ただ、中学生の恋愛はこういう感じかなと思います。そういう意味では、結香は本当に全力で恋をしていたんだと思います。
 太一のことしか見えていなかったから、龍一郎の気持ちには微塵も気づかなかった。けれど、それも含めて、結香は本当に中学生らしい、純粋で天真爛漫な子だったと思います。そこに、太一も龍一郎も惹かれたのではないかな。

 あっ、裏話が長くなってしまった……。キャラ語りもあるのに……(爆)
 次回からは、また主人公の二人に登場してもらいます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

透

Author:透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR